マヒワ / Eurasian Siskin/ Carduelis spinus
ひわ(鶸)

カワラヒワには随分あったが、鶸色等の和色名にある「鶸」=マヒワは会うことが出来ずに、見たい見たいと思ってきた鳥である。2007年10月漸く会えて見ると、その名に違わず美しい。古くから良く知られ、慕われた鳥にふさわしい。私が不明のため、よく知らない鳥であったが、敢えて、「常識の鳥」へ入れた。

EOS20D+400x1.4T
2007/10/22 手賀の丘公園


EOS20D+400
2007/11/8 手賀の丘公園


EOS20D+400x1.4T
2007/10/22 手賀の丘公園


EOS20D+400x1.4T
2007/10/22 手賀の丘公園


鳥 名マヒワ / 真鶸 / Eurasian Siskin / Carduelis spinus  
  ( スズメ目 / アトリ科 / マヒワ属 )  仲 間
大きさ L12cm /冬鳥
季 語 秋:鶸、真鶸
冬:冬の真鶸
異 名 和名:「鶸」はマヒワの意の場合と、マヒワ、ベニヒワ、カワラヒワの三種の総称になる場合もある。
唐鶸(からひわ)
英名:Siskin
由 来 小さいので弱々しく見えたのか、「弱」+「鳥」の合字
樺の木、杉、小楢、榛の木等の種子
鳴き声チュイーン、ジュイーン、ツッピン、チュクチュクジューイ
聞きなしジュウエーン(10円)、ジュウエーン
和色名 鶸色
鶸色
鶸茶
鶸茶
鶸萌黄
鶸萌黄
鶸鼠
鶸鼠
「色の森の鳥」
を参照方

TOP HOME