オオタカ / Northern Goshawk

”手賀沼の鳥”

私が出会ったのは 上沼側では;大津川、大井新田、戸張新田、戸張、緑道。 下沼側では;手賀の丘公園周辺、緑道、我孫子側遊歩道、手賀川等である。

会えるのは運が良い時で、年に1回有るか無いか程度である。散歩の途中、飛んでいる姿を見かけることが主であった。従って識別は帰宅後撮影画像を見てということになる。

尚、初めて見て、シャッターを押したのは2004/2/26 水元公園だった。手賀沼では2004/12/16手賀川流域であった。


EOS7D+400
2010/4/19 手賀の丘公園
成鳥


EOS7DII+100-400X1.4
2016/6/3 手賀の丘公園
成鳥。左足で鳥らしき獲物を抑えている。


EOS7DII+100-400x1.4T
2017/10/26 手賀沼・緑道
成鳥


EOS7DII+100-400X1.4
2018/4/30 我孫子・高野山新田
成鳥


EOS7D+70-200x2T
2010/9/10 手賀沼・第二機場
幼鳥


EOS7DII+100-400X1.4
2018/7/7 東京・板橋
幼鳥


EOS7DII+100-400X1.4
2019/9/30 手賀沼・緑道
幼鳥


鳥 名オオタカ / 蒼鷹 / Northern Goshawk / Accipiter gentilis   
  ( タカ目 / タカ科 / ハイタカ属 )  仲 間
大きさL♂50cm L♀56cm
時 期留鳥
季 語冬 : 蒼鷹
鷹狩名

(異 名)
雌;おほたか、だい(大鷹、弟鷹)
雄;せう(小鷹、兄鷹)
一歳;わかたか(黄鷹)
二歳;かたかへり(撫鷹)----第1回換羽
三歳;もろかへり(両換)----第2回換羽、あをたか(青鷹)しろたか(白鷹)
由 来あをたか(蒼鷹)--奈良時代
おほたか---平安時代
鳴き声雄;ケッケッケッケ
雌、幼鳥;ピョウ
天気予報タカが高うに舞ったら晴れ
メ モ準絶滅危惧


TOP HOME