2005/3/5及び6銚子-I

5日、6日銚子1泊探鳥会。出発するとすぐ雨が降り出し、どうなることかと思われたが、スコープを構える頃は上がった。幸先良し。結果は?マークもあるが初撮影種6の幸運。但しピントが皆なっていない。カモメのいる位置は決まっているのにだ。情けなし。

初春の銚子はいろいろのカモメ集まるところで有名とのことだが、ずらりと並んでいると識別する気も起こらない。I幹事長は今回は成鳥のみ見なさい。見る順序は1)脚の色 2)嘴 3)背の色とのアドバイス。成る程、脚の色には、ピンク系列と黄色系列があるようだ。背の色から入るより、脚から入る方が、入り易い気がしてきた。


ホイグリンカモメ/Heuglin's Gull / Larus heuglini
ホイグリンカモメ2005/3/5銚子E4300+ED82+30XWFN


ホイグリンカモメ2005/3/5銚子E4300+ED82+30XWFN


ホイグリンカモメ2005/3/5銚子E4300+ED82+30XWFN

日本鳥類目録にも未だ載っていない珍鳥らしい。脚の黄色いセグロカモメ。

I幹事長は「千葉県銚子漁港で記録できた足の黄色のカモメについて」(2005/03/09)にて詳細に同定をし、ホイグリンカモメの可能性が高いと結論付けている。


TOPVulture、次へ HOME